着心地の良さは日々の癒し

私は、平均すると服飾費は毎月5000円ほど使っています。

平均値になるのは、毎月購入しているわけではなく、衣替えの時期に手持ちの見直しと処分をし、不足分を補充する形でまとめて購入する為です。

10代・20代の頃は、外出する機会も多かったので、流行り物を回転させる感じで服飾費ももっとかかっていました。

友人と遊ぼうとなると、ファッションモールで集まってのお買い物が多く、あれこれ皆でワイワイ見て回るのはとても楽しかった思い出になっています。

今現在は専業主婦で、たまの外出となると、スーパーでお買い物や、主人や私の実家とのお付き合いくらいになってしまったので、服に求める華やかさの割合が随分と減りました。

部屋着と普段着の境目が曖昧になってきた為、着心地の良さと、楽さ、体系カバー重視で服を選ぶようになりました。

チュニック丈のお洋服が好きです。

年齢と共に体のお肉が中心部分、いわゆるお腹やお尻周りに集中してきましたが、チュニックは上手に隠してくれます。

肘から手や、膝から足にかけては、さほどお肉がついていないので、スキニーパンツを履いたり、シャツの袖を折り返しなどして、細い部分は見せるということで、体系カバーをさせながらバランスを取って着るようにしています。

デザイン重視だった若い頃に比べると、部屋着や普段着が家事をする作業着になっているので、素材の質感を重視するようになってきました。

洗いやすさ・手触りの良さ・動きやすさ・通気性の良さなど。

今ではデザインが気に入っても、綿が入ってない物はほぼ買わなくなりました。

毎日長時間、直接肌に触れている衣類ですので、気持ちの良さを重視して今後も選んでいこうと思っています。

プチプラでもシンプルなものを選べば素敵コーデに!

23歳女性リラクゼーションサロンのオーナーをしております。

毎月の売り上げが異なりますので、給料もバラバラで2か月間服を買えない、ということがありました。

私自身はとても美容が好きで主にZARA、Unglid、UNIQLOなどプチプラなブランドも好きで購入しています。

今のUNIQLOやGUなどとても安価でデザイン性は高いものが取り揃えられていると思います。大体1回だ買う金額では3~4万ほどで月に2回は服を買っています。


その分買えないときもあるのでとてもつらい気持ちになりますが買うときは着回しが効くようなシンプルなデザインを選ぶようにして毎日のコーデをマンネリ化しないように気を付けています。

特に白・ネイビー・黒などはどの色味とも合いやすいので、今流行りのピンクやイエロー系とも相性はバッチリです!


高いものなどもいいですが、夏場など汗をかきやすい時期には色があせやすかったりするのでプチプラを選んでそのシーズンだけ着ることが多いです。

また、麻やリネン生地はとても吸湿性もいいので今の時期欠かせないアイテムとなってますが、プチプラのなかでも通販サイトのリネンのシャツなどは着回しが効いてとても使いやすいです。

安っぽく見えず誰にでも合うような色味になっているので定番アイテムとして使いやすいです!

もちろん毎月服を買うのは難しいですがその時の予算に応じて自分の好きなアイテムをそろえるほうがストレスなくファッションを楽しめると思います!

高くても、長く着れる洋服を買います。

私は、洋服に毎月4万程使っています。

お気に入りのブランドがあり、毎月新しい洋服が入ってくるので楽しみです。

洋服のために働いてるような感じです。

また、高い服でも長く5年~10年は着れるので、元は取っていると思います。

ワンシーズンのみ着れる服を買うのは、キャミソールや靴下など消耗品的なものはユニクロさんなどで買います。

値段が高い分、贅沢をしているように思われがちですが、洗濯などもキチンとネットに入れて柔軟剤も入れ大切に扱っています。安い服は安いなりに、良いところもあるのですが、流行などもあるので来年は着れない事が多いかと思います。

私が着用しているブランドの洋服は、生地から作っておりパターンも複雑で、着心地が良いです。動きやすさ、素材の良さ、ボタンの可愛さなど、細部が全く違います。

1年を通して、春夏物は、すでに去年の秋冬にはカタログが届き、ファッションショーも見に行くので、とても楽しいです。流行を追う訳でもなく、自分の好きなブランドの服を着る事は、人によっては、たかが洋服かもしれませんが私は洋服は自身を表現するもので、とても大切なものだと思っています。

なので、自分の好きなブランドの服ばかりを見るわけではありません。雑誌にも目を光らせています。

主に海外ブランドの雑誌を見ています。

メークや靴、アクセサリー髪型まで、勉強になるので、とても楽しいです。自分の良いと思う洋服を着れる事は幸せの1つと思っています。

主婦なのであまり服飾代にお金がかけられません

私は今専業主婦なのですが、やはり一馬力での生活になるのでそこまで服飾代にお金をかけることは出来ません。

年代は30代なのですが、今服飾代として月にどれくらい使っているかというと3000円くらいだと思います。
というよりも、毎月のように洋服を購入することはありません。

もちろん必要に応じて買う月もあれば、そうでない月もあります。

なので毎月どれくらい使っているかと言われると使う月とそうでない月があるので一概には言えないのですが、そういった状況を加味して考えるとだいたい月に3000円くらいだと思います。

この金額だけ聞くとすごく安く感じるかもしれませんが、バーゲン月になると10000円くらい使う月もありますし、正月の時に好きなブランドの洋服の福袋を10000円分買うこともあります。

ただ、独身時代には結構服飾代にはお金をかけており、やっぱりそれは独身と言うことで自分のお金を自由に使えますし、それなりに流行を追ったおしゃれな格好をすることがステータスの一つでもありました。

なので多くの人が若ければ若いほど服飾代にはかなりお金をかけていたんじゃないかと思います。

今もし私が働き出して二馬力の生活になったとしても正直服飾代にはそこまでお金をかけないと思います。

働き出したとしてもだいたい月5000円くらいじゃないでしょうか。

やっぱり結婚して子供を授かると自分にかけるお金よりも子供たちにかけるお金のほうに比重が傾いていくからです。

勝負の時!!

私が服を買うタイミングは好きな人と遊ぶ時です。

毎回デートの時は新しい可愛い洋服を着ていきたいのでその都度買ってしまっています。

私は学生でアルバイトをしていますが、だいたい月にかける洋服は1万円くらいです。

月に1回ほど安い服をたくさん購入しています。

前はショッピングモールなどで洋服を購入していましたが、最近アルバイトが忙しくて、ネットショッピングで購入しています。

ショッピングモールで買う時はGUが最近多いです。それと、ARROWなど可愛い感じの洋服も買います。

ネットショッピングで買う時は人気ランキングを見てそこから好みのものを選んで買ったりしています。

よく着る服は白と黒の服です。上は白、下は黒とモノトーンコーデが最近多いです。シンプルなのがいいですよね。

私がよく買ってしまいがちな色は他にネイビー、カーキです。なので、クローゼットの中は白、黒、ネイビー、カーキのものがほとんどです。

私は脚が太いので、短いスカートを履きたいところですが、膝下のスカート丈を吐くことが多いです。スキニーも履くのですが、脚の太さが強調されてしまうのでゆるいパンツを履いたりします。スカンツやワイドパンツを履いています。

そして肝心の好きな人とデートをする時…!

ズバリ、ワンピースです。

私は昔からワンピースが大好きでよく似合うねと言われていたのでデートの時はよくワンピースを着ています。でも最近一目惚れするようなワンピースに出会えてないのでそろそろ出会いたいなと思っています…。。。

またネットショッピングで色々探してみたいと思います。

服飾代について

20代大学生です。私は、シーズンの初めにまとめて服を購入します。

今春は4月頃に8000~10000円ほどまとめ買いしました。それらの服を6月まで着用するとして、月に2500円~3500円ほどかけていると思われます。

以前までは服の系統はバラバラで、ある日はカジュアル、ある日は甘い系のワンピースなど、バラバラでした。しかし、最近は無地のカーディガンとボーダーのシャツとデニムなど、シンプルなものに統一するように心がけております。

その方がコーディネートに時間がかからず、バラバラに服をそろえるよりも服飾代がかからずに済むからです。

私はデニムやスキニーなどをもともと持っており、それらに合わせられるようなトップスをGUやハニーズなどで2~3着購入します。

購入するトップスはシャツやカーディガンなどです。これらは一着で着られるものや、柄がシンプルで着回しが効くものなどです。

これを普段大学に行く時に着用しています。それと合わせて、誰かと出かける用事が入った時などに着用するワンピースも1~2着購入します。

それらの組み合わせを変えて、ワンシーズン着まわします。まとめ買いしたら、そのシーズンで買い足すことはあまりありません。

買い足すとしたら、出かける用事が入った時に着用する服を買い足しています。

ただし、アクセサリー類(髪飾り、ネックレス)などは、気に入ったものを見つけるとすぐに買ってしまいます。雑貨屋さんで購入したり、100円ショップでも購入したりしています。